前へ
次へ

知っておいて損はない専門実践教育訓練給付金制度

専門実践教育訓練給付金制度は、その人の一生の仕事となる様な仕事に関するスキルを身に付けることを、金銭的に助けてくれる制度です。
給付の対象となるのは、厚生労働大臣が専門的実践的な教育訓練として指定した講座に限られ、家の近くにある教育機関は対象となっていないこともあります。
給付されるためには、在職者の人は講座を受講する開始日までの雇用保険支給期間が2年から3年の支給要件が、必要となります。
離職者は雇用保険の被保険者の資格が喪失した日から、講座を受けるまでの期間が原則一年以内で、かつ雇用保険支給要件期間が3年以上要求されます。
また、受講者が講座を修了する見込みで講座を、受けていることも必要です。
教育機関に支払った額の最大70%で金額にして168万円が給付額の上限となっていて、対象となる訓練期間は最も長くて3年になります。
45歳未満の離職者の人は、教育訓練支援給付金制度も同時に利用できる場合があり、その場合一年間で100万近いお金を貰いながら、資格取得することもできます。

Page Top