前へ
次へ

高機能発達障害を持つ子供にすべき教育

高機能発達障害は知能の遅れがないものの、知的障害を持つ子供と行動が似ているケースも少なくありません。
集団での生活を苦手としたり、言葉の裏にある真意を理解しなかったりするのが多く見られる特徴です。
知能が平均よりも高い子供も多く、周囲の大人から見ればいくら注意をしても行動を改めない様子が怠惰などと感じられてしまいます。
高機能発達障害の子供は自分の行動や考えに強いこだわりを持っており、集団生活において最大限適応させるためには大人の理解が不可欠です。
子供が適正でない行動をとった場合は頭ごなしに怒らないでください。
叱りつけて子供を傷つけないためにも、子供に正しく指示が伝わっているかを考え直す必要があります。
見本を提示したり、言葉にして言うだけでなく規則を分かりやすく貼り出したりするなど、よりシンプルに伝える工夫が大切です。
子供がどのような能力を持つかを見極め、ある程度のレベルをクリヤーした時点で褒めるのも有効と言えます。
成功体験を積ますことで社会に対する不信感や孤立などから子供を遠ざけるべきなのです。

Page Top